乳幼児の育児 | 乳児健診

乳児健診 : 第1組曲「はじまりはじまり」

(1)「赤ちゃんの成長と発達」といいますが、いったい何のことですか?
  
赤ちゃんから大人になるまでに子どもは、いろいろな時代を過ごしてゆきます。

初めの1年は人生で最高の成長と発達の時代です。
1年間で、体重が3倍に、身長は25cmも増えます。私たちが1年で3倍の体重になったことを想像して下さい!身長は、思春期の延び盛りでもせいぜい15cm程度ですね。
たった1年過ぎただけなのに、人の顔を見分け、お母さんの声を聞き分け、言葉も数語をしゃべれてよく笑い、予防接種されたことを1ヵ月後にもおぼえていて医院に入ると泣きはじめ、首が据わり、お座りが出来て、はいはいが出来て、つかまり立ちが出来て、一人で歩ける子もいます、親指と人差し指で物をつまむという高度な技術も出来るようになります。
たった1年で、生まれたばかりと何とちがうのでしょう!

--->続きは茶話会で!