予防接種で防げる病気

小学校入学までには、1年間に10回以上風邪にかかり、免疫抗体を体内に貯金する。5~6歳になるとありふれた風邪には免疫ができているため風邪ひき回数は激減する。重症の風邪では治るまでに時間がかかり、後遺症が残ったり、生命の危機に陥ることもある。そこでワクチンを使い、風邪にかからずに免疫をつけることを考えた。