勝又小児科・アレルギー科医院
静岡市葵区紺屋町12-5
TEL.054-252-6801
休診日:日曜日・祝日
 
9:30

12:30
× ×
15:30

18:30
× × ×

予防接種は、金曜の午前・午後と土曜の午前中に予約制で行なっています。
また、金曜日の午後2時半から約1時間は、予約制で3・4と9・10カ月乳児健診をします。

育児お悩み相談

発熱について  熱はあたまをパーにするか? いいえ! 科学的根拠がある事実は、

A) 風邪(感染症)の発熱で、脳は障害を受けない
B) 発熱があると、風邪の治るまでの時間が24時間以上短縮する(早く治る)
C) すべての生物は(ライオン、ネズミ、とかげも!)、体内へ侵入した微生物の増殖を抑えるため発熱を利用する


(1)根拠になる多くの研究の一部を紹介する

  1. 「発熱が、あらゆる動物で何百万年ものあいだ受け継がれている、感染に対する宿主の防御反応であることを支持する証拠は山のようにある」
    生理学者マット・クルーガー、ラブレイス研究所(有名な米国の生物科学研究所)

  2. 冷血動物であるトカゲは体温センターを持たないので、病原体が感染すると体温を2度くらい上げるため日の当たる暖かい場所を探す。
    もし暖かい場所が見つからないと、自分自身では発熱ができないのでおそらく死んでしまうだろう。
    子ウサギも自分で発熱することができないので、病気になると体温を上げるために暖かい場所を探す。成長したウサギは感染すると発熱するが、これを解熱剤で熱が上がらないようにしてしまうと、たぶん死んでしまうだろう。

  3. 鋭い観察者であった医師ワーグナー・ヤウレックは、梅毒患者の中にマラリアを患うと症状がよくなるものがいることと、マラリアが流行している地域では梅毒は稀であることに気付いた。彼は、何千人もの梅毒患者に故意にマラリアを感染させ(現代では考えられないが)、 普通はマラリア患者100人中治るのは一人なのに、治癒率が30%という偉大な成果を挙げ、1927年のノーベル生理・医学賞を受賞した.
  4. 水痘にかかって発熱している子どもが解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェンを飲むと、偽薬(砂糖を入れた錠剤)を飲んだ同じ症状の子どもより、治るのに約1日長くかかったという研究報告がある.
  5. 56人のボランティアに、かぜのウイルスを鼻腔に噴霧した。約半分の者には中身を教えずに解熱鎮痛剤を与え、他の者には砂糖を入れた外見は同一のカプセルを与えた.後者は抗体反応が高く鼻づまりや咳が少なかった。こちらはウイルスを人に感染させる期間が短かった.
  6. 「ある状況で発熱を止めると、患者がアナフィラキシーショックに陥り易くなるかもしれない」と、ワシントン大医学部D・スティーブンス教授は報告した.解熱薬は、感染に対するからだの反応を調節するメカニズムを邪魔することになるらしく、その結果死亡することもあるという.

(2)「風邪のお熱は2泊3日」/@カツマタ、発熱のしくみと経過(感染症)

  1. 生物は、ウイルスや病原菌などの病原体に侵入されると、侵入した場所から咳や鼻汁や下痢で体外へ追い出したり、感染現場の鼻腔、気道、腸粘膜などで戦って消滅させようとする.これが免疫活動.
  2. 免疫には生まれつきの自然免疫と風邪を引くたびに働く獲得免疫があり、細菌に対して主に白血球、ウイルスには主にリンパ球が対応し、細胞内に取り込んで溶かしたり、抗体を産生し抗原抗体反応により病原体を不活化(殺す)する.
  3. 細菌、ウイルスなどの病原体は、体内で温度・水分・栄養が揃うと、ものすごい早さで増殖する.例えば大腸菌は、20分に1回分裂すると、1個の菌が12時間後に10億個になる.体内に数千個が侵入すれば12時間後はその10億倍だ!
  4. この病原体も、環境が38.5℃以上になると分裂増殖が止まる.人間の男性も高熱が出たときは生殖活動が不能になる(例外はあるが).
  5. 温血動物は、脳内に体温調節中枢(体温センター)を持つため、病原体との戦いが始まると、免疫システムは体温センターに発熱を要請し、センターは体に体温上昇を指令する.するとまず皮膚表面の血管を収縮して体温の放散を防ぎ、さらに褐色脂肪の分解により発熱が起こる.
  6. 高熱により病原体の増殖が停止するので、免疫活動による不活化作業が進む.
  7. 病原体がほとんど消滅させると解熱する.解熱すれば他人へ感染することはまずない.解熱後の発疹は、戦いの後始末なので放置すれば消える.
    例外は、水痘の水疱から出るウイルスや水いぼから出るウイルスで、感染を起こす.

(3)脳は熱で壊れるか?
   体温センターは脳中央深部の視床下部にあるため、脳が壊れるような超高熱を出すことはない.


(4)では、熱が出ている子どもにどうしてあげればいい?

  1. どんな病気も、年齢を問わず、いごこちが良いほうが早く治る 日本ではガマンさせるのが好き!
  2. 水分だけでは足りない.塩分も必要だ! 飲みものは、経口補水液、OS1、アクアライト、OS1ゼリーが良い

(5)しかし、いかなるときでも熱が上がるにまかせておけばよい、と断定してはならない.
   熱を下げることが、患者や家族に有利になるかどうか、冷静に判断する必要がある.

(6)解熱剤はいつ使う? ⇒ 夜間に寝付けないなど、辛そうなら熱を下げてもよい

育児をしていて”気になっていること”がある方は、info@katsumata-clinic.jp まで、メールを送ってください。

メールには、お子様や家族の皆さんの年令など差し支えない範囲で知らせていただくと、お返事を考えやすくなります。。